国試必勝勉強法

管理栄養士を目指す!1,2,3年生のうちにやるべきことは!?

4年生になったら、国家試験対策しないとだから、今から勉強しておきたい!

何か始めておきたい!

…と相談をいただくことが多かったので、
1~3年生のうちにやっておいたほうが
いいことをご紹介します。

授業をしっかり受ける

これにつきます。
国家試験対策にばかり目が行くと、
国試合格がゴールになってしまいます。
それではもったいないです。

学校で学ぶことは、
自分の人生にとって本当に役立つものです。

国試対策としてはどうしたらいいかな?
ではなく、
自分の生活に生かしてやる!
という姿勢で取り組むと、
結果的に国家試験対策に役立ちます。

現状、国家試験は応用力を問われる問題が
増えています。(第34回試験から)

単純に暗記するのではなく、
様々な知識を複合させる必要があります。

授業で学ぶことを
「国家試験に役立つか役立たないか」
で判断するのをやめましょう。

 

 

授業の受け方

授業を受けるときのポイントですが、
誰かに教えてあげる
という姿勢でやることです。
これがすごくすごく大事。

あなたが
管理栄養士を目指したきっかけはなんですか?

・食べるのが好きだから
・家族が病気になったことがあるから
・誰かに料理を食べてもらうのが
好きだから

いろいろあるかと思います。

その時に、この人の力になれたらいいなと
思った相手はいませんか?

 

また、今大事にしている家族、恋人、友達。

あなたがやっている勉強は、
必ずその人たちの助けになります。

知識は武器です。
大切な人を守るため、
自分自身を守るための武器です。

その人たちに教えよう、
助けになろう
という気持ちで授業を受けたとき。

ただただ聞いていた授業が
実のあるものになります。

 

 

素敵な管理栄養士になるために

管理栄養士国家試験に合格するのは
ゴールではなく、通過点です。

大学は管理栄養士国家試験対策予備校ではないです。
せっかくたくさんの知識を学べるいい機会なので、ぜひ自分のものにしてください。

 

そして、
広い視野をもち、
誰かの力になれるような管理栄養士になってください。
キラキラした管理栄養士が増えることを
願っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。