管理栄養士について

管理栄養士になるには?管理栄養士国家試験の受験資格を解説!

病院や保健所、学校、大量調理施設、食品企業など、様々な場所で活躍する管理栄養士。
憧れを持たれる方も多くいらっしゃるかと思います^^
食の専門家「管理栄養士」になるためにはどうしたらよいのでしょうか?

管理栄養士国家試験についての情報を、一目でわかりやすくまとめてみました。
管理栄養士を目指される方は、まずここからチェックしてみましょう*

管理栄養士になるためには…?

管理栄養士になるためには、
「栄養士免許を取得していること(※一部例外)」
「管理栄養士国家試験に合格すること」

が必須条件です。

管理栄養士国家試験は誰でもが受けられるものではなく、
一定の条件を満たさないといけません。
「食品関連の国家試験だから受けてみるぞ!」と意気込んでも、
受験資格自体ないかもしれません…

※4年制の管理栄養士養成施設の場合、卒業見込みでも可。

管理栄養士国家試験の受験資格

以下のいずれかに当てはまれば、受験が可能です。
①4年制の管理栄養士養成施設を卒業し、栄養士の免許を受けた者。
(卒業見込みでも可)

②2年制の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、厚生労働省が定める施設において、3年以上栄養の指導に従事した者。

③3年制の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、厚生労働省が定める施設において、2年以上栄養の指導に従事した者。

④4年生の栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後、厚生労働省が定める施設において、1年以上栄養の指導に従事した者。

簡単にまとめると、
・管理栄養士養成課程の学校を卒業
または
・栄養士養成学校の通学年数+実務経験年数が5年以上
であれば、受験できることになります。
栄養士免許取得していることが前提なので注意して下さい!

最後にメッセージ

管理栄養士になるには、最低でも4年間がかかります。
長いように感じるかもしれませんが、取得するまでの過程はかけがえのないものになるはずです。
管理栄養士になった後も、活躍の場は多種多様。

ぜひ、管理栄養士を目指してみてはいかがでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。